pocket

projectについて

カテゴリー

DIY
DIYとは必要なものを自分の力で作りたいひとのための実例集です。
MAKE IT NICE
bibarikiのプロダクト製作プロジェクト。使われなくなった家具や家などのReプロダクトに取り組んでいます。
ワークショップ
ものづくりの楽しさを知ってもらい将来職業を選択する際に、選択肢のひとつになるようにと考えて、小学生を対象としたワークショップを開催しています。世田谷ものづくり学校、川口市立アートギャラリーアトリア、商業施設など、様々な場所で企画を開催しており、ものづくりの楽しさを知ってもらえる機会を提供しています。
インタビュー
展覧会を支える人たち「ものづくりの職人さん」を中心に インタビューをし、その仕事を紹介いたします。
オープンソース
図面や型紙をダウンロードできます。DIYにご活用ください
お知らせ
NEWSをピックアップしてお伝えいたします
装置製作
展覧会の内容によって、木工、内装造作、電気工事、鉄加工、家具製作、プログラミングなど、様々な技術が必要になります。bibarikiでは木工の技術を中心に、より専門的な技術に関してはそれぞれの専門家に依頼することで、クオリティの高い展示を実現しています。近年では展示設営で培ってきた技術を応用し、展示デモ装置の製作も請負っています。
その他
展示設営以外のbibarikiの仕事の紹介です
お知らせ
  • インターン募集のお知らせ
  • bibarikiは展覧会の展示設営をメインに、それにともなう造作工事、什器制作を手がけています。
    この度、その設営作業に携わるインターンを募集いたします。

インターン募集のお知らせ

bibarikiは展覧会の展示設営をメインに、それにともなう造作工事、什器制作を手がけています。
この度、その設営作業に携わるインターンを募集いたします。
展覧会を行うためには作家はもちろんのこと、その企画をするキュレーターやディレクター、そして実際に展覧会場を作る人が必要です。展覧会場を作る作業として、作品設置、什器制作、造作工事などがあります。そういった仕事をする人はインスタレーターやテクニシャンと呼ばれています。
実際の作業としては、作品制作のサポートや作品輸送、照明のセッティング、展示台やクレートの製作、壁の造作、撤去などがあり、展覧会に関わるあらゆることを行います。
多種多様な作家の方々や、展覧会に関わる様々な人たちと直接やり取りをして製作する仕事なので、将来的に作家として活動したいと思っている方や、キュレーターやギャラリストを目指す方にも学びの場となると思います。ふるってご応募ください。

【勤務開始日】
2015年1月から随時
【勤務日数】
週1〜2日(プロジェクトによります)
【勤務時間】
9:00~18:00(現場によります)
【業務内容】
壁のペンキ塗りや作品設置・什器の制作など、展覧会に関わる様々な事
【場所】
渋谷の作業場及び都内各所(ギャラリー・展示スペースなど)
【応募条件】
ART、展覧会、イベント運営等に興味のある方。
【待遇】
交通費支給(1日往復1,000円まで)、昼食支給
【応募方法】
下記の内容を明記の上contactからご応募下さい。(担当:鈴木)
・お名前
・住所
・性別
・年齢
・現在の職業
・ご連絡先(電話・メールアドレス)
詳細等は、追ってご連絡差し上げます。
(お問い合わせはメールのみとなります)

Copyright © bibariki all rights reserved.

index
  • 1